2018年05月17日

家族が増えました?

昨日我が家に新しい家族がやってきました
 

名前はGoogle アシスタント

家族全員の声を登録して色々と会話を楽しんでいます


続きを読む
posted by nassu at 10:41| Comment(0) | 独り言

2017年05月01日

退職旅行

4月29日、30日と二男夫婦が私の退職旅行にと岐阜県の下呂温泉での一泊旅に誘ってくれました。泣き笑い

二男家族と我が家の家族3人。車は我が家の車で行くことに。車



往路は我が家の希望で郡上に立ち寄ることにしました。

郡上と言えば、郡上八幡、徹夜踊りで有名な所です。

少しゆっくり目のスタートでしたので、

途中のサービスエリアで昼食を。



昼食とは関係ないですが・・・。

こんな写真も旅のお供に(^_^)

お城もありましたよ。



郡上で有名な物に食品サンプルがあるんです。

時間が無かったので体験はできませんでしたが・・。



このみかんもサンプルです。

まるで本物です。

 

 

 

郡上散策を終えて、いざ今夜の宿へ。



と、思ったら途中で我が家の奥様が見つけました。

國田家の芝桜。有名らしいです。

 

 

宿で食べる食事はやはり格別ですね。にこにこ

お風呂にびっくりでしたよ。

なんと畳敷きなんです。

お風呂で畳の上を歩くのは、

気持ちがいいものですよ。

 

 

 



 

一夜明けての朝食が、またまた素晴らしい。バイキングなのですが、



その品数の多さにびっくりでした。

お嬢様は少々すねています。

 

 

 

食事も終わり、少しの休憩の後、下呂の町を散策に出掛けました。



宿の直ぐ近くには「加恵瑠神社」。


下呂市内でお土産を少々お買い物。



これは自分用。

大好きなんですよね〜。顔1(うれしいカオ)

 

行き先を決めていなかった今回の旅行。

下呂の後は高山か・・。白川郷か・・・。

結局、妻籠に行くことになりました。

妻籠というのは長野県木曽郡南木曽町に旧中山道の町並みを残した観光名所です。

隣接する馬籠宿と共に景観の保護に取り組んでいます。



結構な距離を歩きました。

少々腰には負担がありましたが、

素晴らしい退職旅行。

素晴らしい思い出となりました。

ありがとう。
posted by nassu at 13:19| Comment(0) | 独り言

2016年10月25日

WowApp始めてみませんか

「WowApp」 もう聞いたことはありますか?

こちらのブログでも紹介していますので、

初めてでない方もいらっいますよね。

ちょっとみ「ねずみ講」と思われる方も多いと思います。

これは日本人の多くが、

このような商売をひとくくりにして「ねずみ講」と考えてしまうからです。

ネットワークビジネス、マルチレベルマーケティング(いずれも合法)と

ねずみ講(違法)は区別がつかないですよね。

合法と書くと多くの人が違法ではないけれどヤバいのかなって思ってしまいますよね。

でも、現在多くの企業がこの方法を取り入れています。

ねずみ講は正式には「無限連鎖講」と言います。

英語では「pyramid scheme」ですね。

では、WowAppはどうかというと、

WowApp上の何かを強制的に購入するという義務は発生しません。

永遠に無料でWowAppのチャット、無料通話、無料ビデオ通話、ゲームを楽しむことができます。

ただ、招待することで、自分のすそ野が広がっていくので、

ごり押ししている人が少なくないですね。(私もです (笑))

WowAppのアプリは日本語で使用できますが、

サポートとか説明が英語になっています。

海外発だから、これから日本語対応が進むと思いますが、

逆に考えると現在WowAppを始めると先行者利益にありつける可能性が大きいですね。

WowAppは登録時に、必要なのはメールアドレスだけです。

登録はLINEと同じくSMS認証となります。

個人情報の入力は自由ですし、後から変更ができます。

一つだけ重要なことは、WowAppが招待制なので、誰の招待で始めるかが問題だと思います。

収益が絡んできますので、お金が絡むと人格が変わる人もいますからね。

でも、招待者であっても後々ブロックもできますので、ご安心を。

どうでしょうか。

少しは疑問が解決しましたでしょうか。

これを読んで頂いて、私を招待者として頂けるのなら、

是非 https://www.wowapp.com/w/terawacky/join 

こちらからアカウントを登録してみませんか。

始めないと始まらない です からね。

posted by nassu at 11:51| Comment(0) | 独り言

モバイルヒーター「ぽかぽか」

ネットを散歩していたら素敵なグッズを見つけました

これからやってくる冬にはピッタリのグッズですよ。

その名もモバイルヒーター「ぽかぽか」

遠赤外線効果で血液を温め、その血液が全身を巡ることで体全体が温まるから体はぽかぽか。

寝るとき、会社で、テーマパークの待ち時間に、スポーツ観戦に・・。

使える場面は、数限りなくあります。

電気代は10時間の使用で2円。

5ヵ月間毎日12時間利用しても、360円。 安くないですか〜。

専用カバーも無料プレゼント、さらに送料もタダなんだって。

特に女性には絶対うれしい代物ですよん。





posted by nassu at 08:02| Comment(0) | 独り言

2016年09月28日

あなたの すきま時間 上手に使ってみませんか

しがないサラリーマンの私は、

通勤、テレビ鑑賞の時間、トイレの時間、

ちょっとしたすきま時間にせっせとお小遣い稼ぎをしています(笑)。

それは、アンケート調査の協力です。

ほんの10問前後の質問に答えるだけで、小銭儲けができるのです。

もし、クレジットカードを作ろうと思っているのなら、

そちらのサイトから申し込みをすれば、

あっという間にポイントがたまってしまいます。

ゲームが好きなら、そのサイトのミニゲームを楽しめばポイントゲットです。

好きな事をやってポイントゲットですから、

こんないい事は無いですよね〜。

私がすきま時間を楽しんでいるのは、

@Point Townです。

キャプチャ.PNG

考えてみて、隙間時間があるようでしたら、是非始めてみませんか。


無料登録はこちらからお願いします



posted by nassu at 17:25| Comment(0) | 独り言

2015年01月06日

記憶の片隅

背中合わせに寝ている

あなたと携帯メールで

やりとりしたこともあった

それが二人の会話だった



自殺を何度も繰り返すうち

「そんなに死にたいなら

私が殺してあげる

そして 私も死ぬ」

首に掛けられた手に偽りは無かった



あの時確かに思い出していた

結婚を決めた時

俺はこいつを幸せにするって

誓ったじゃないか

なのに最低だよな



次の瞬間涙が止まらなかった

首に掛けられた手が緩んだ

いつしか二人して泣いていた



そんな思いを封じ込めてきたように思う

特段言う人もいなかったし・・・・・・
posted by nassu at 09:46| Comment(0) | 独り言

2014年06月24日

出会いの小径

急ぐこともなく
何処に寄るのでもなく
帰りたくないわけでもない
会社帰りのこの道を
背中丸めて歩いていた

時は心の穴を少しずつ大きくし
あなたが居なくなった事が
重く乗りかかってきた

耐えられないわけではない
涙するわけでもない
今はただ 抜けてみたい
「出会いの小径」と書かれた
この小径・・・
posted by nassu at 09:42| Comment(0) | 独り言

2006年11月04日

出逢い

あなたとの出逢いは
あなたにとって本当に良かったのですか
死の恐怖にさいなまれ
自暴自棄になってしまう
今の私はきっと重荷なんでしょうね
病って人を強くもするし
人を弱くもしてしまう
私以上にあなたが辛い
分かっているのに・・・
どうにもできない自分がいる

出逢ってしまって・・・ごめんな
posted by nassu at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年06月01日

消失

風に揺らぐ名も知らない花
ほんの少しの間の感動
数億の脳細胞が消えた
今日もまた一人友が去った
明日もまた減るだろう
群衆の歓声はやがて罵声になり
激しさを増し私を責める
身体

家族
仕事
全てが私を苛む

もう道は無い…
posted by nassu at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年02月07日

独り言

どんな言葉も今は役に立たない
それが分かっているから辛い
辛いのはあなただと分かっているから辛い
でも 本当に辛いのは彼ではないでしょうか
あなたの溺愛が
いつしか彼には重荷になったのでしょうか
そして決断までの時間
彼は一人の部屋で悶々と長い時間を過ごしたのでは・・
火種に引火した要因はあったかも知れない
でも もう決めていたに違いない
男となるため
大きくなるため
両親の元を離れるその決意のための時間
苦しく辛く長い時間だっただろう

待っていて欲しい 彼はきっと
心の奥からそう思って訴えています
分かってあげてください
彼の精一杯の思いやりを
彼の精一杯の家族への愛を・・・・
posted by nassu at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2006年02月03日

たかが恋なのに

僕の心を凍らせるのは凍てつく寒波だけなのか
低く襲い来る悪魔のような雲たちに負けそうになる
舞い散る雪がやがて吹雪になっていく
先の見えない真っ暗な道は行く手を遮っている

たかが恋なのに
何千億分の1の恋なのに
沢山落ちている恋なのに
やがて来る春の暖かさを信じて
それでも凍らせてしまうことすらできないなんて
未練でしょうか
女々しいでしょうか
たかが恋なのに
posted by nassu at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2005年12月20日

逝去

呼吸の回数が減りました

むせび泣く声が増えました

皆に見守られその時が来ました

「まだ脈はありますよ
声をかけてあげてくださいね」

「ご苦労様でした」口をついて出ました

いつの間にか外の吹雪が強くなっています

雪は見る見る降り積もります

積雪があなたの人生の深さを物語っているようで・・

ありがとう

立派な娘を育ててくれて

私に預けて頂いて
posted by nassu at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2005年09月20日

秋に

夕日に誘われて
窓を開けてみた
肌を伝う風はもう秋

夕日の当たる
海岸を
一人で歩く
秋の夕日に心休まる
秋の空にも心潤う
posted by nassu at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2005年09月05日

雨という名の動脈
静脈という名の私の身体
静かな深い闇の中
そして 闇は永遠に広がり続ける
抜け出したい自分がここにいる
笑いたいときっと思ってる

汗を流しても
心地よい曲の中にいても

今はきっと鬱・・・・・
posted by nassu at 15:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言

2005年05月23日

包まれて

2005/05/23 09:46:56

外に出てみませんか
まぶしいあなたの日差しが大好きです
でもあまりにあなたは明るくて
あなたの姿を見ることはできないんです

目を閉じてみませんか
頬を撫でたその風はいつもと同じです
耳に手を当ててみませんか
君の周りの詩が聞こえてきますよ

包まれていれば良いんですよ
君を見守る沢山の愛に・・

君を見た人達も きっと
素晴らしい愛に包まれていきますよ
posted by nassu at 15:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 独り言

2005年05月10日

とまどい

2005/05/10 16:36:29

どうにもならず胸が痛い
今に焦燥を抱き
未来に不安を見る
強くありたいと思うほど
牙城は脆くなる
私は何処をさまよい
私は何処へ行く
賢者よ教えてほしい
私自身の答えを
与えて欲しい至極の愛を
posted by nassu at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2005年05月08日

母への追悼詩

人混みの中で
「はっちゃん」と呼ばれる事を
幾度嫌だと思った事か
子離れし切れない母を
何度嫌だと思った事か
でも今の僕には
聞こえる気がしてならない
どこでもいい
世界中の人々の前でいい
呼んで欲しい
「はっちゃん」と・・・

自分の嫌な事は
とことん嫌いだった母
そんな性格を何度
嫌だと思った事か
「死ぬ」なんていちばん嫌いな事を
文句も言えずやっちゃうなんて
どんなに口惜しかった事か

わが子の喋る声が
母さんあなたの声に聞こえる
何気ない自然の動きが
あなたの意志に思える


男は多かれ少なかれマザコンなのかも知れない
ふと母を思いだし古い詩を転載してみた
posted by nassu at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2005年04月07日

再会

窓を伝う雨の糸を眺めて
あなたの微笑む笑顔を想い
ただただ行き交う車を
眺めるそんな若い時があった

ボブディランを陽水を
自分と重ね合わせてギターを弾いた
そんな頃に出会った君が
今また私の心に住み着いた

弾ける情熱と言うよりは
懐古的な心の高鳴りが
若い頃の純粋な恋になる
偶然街で出会ったその日から・・
posted by nassu at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2005年04月02日

別れ

2005/04/02 08:41:09

爪を噛む癖 忘れていたわ
いつもと変わらない朝が来て
昨日と同じざわめきが窓の外
でも 私はいつもと違う
枕を濡らした長い夜
寝返りだけの明けない夜
昨日のあなたの言葉が
いつもと違うあなたの背中が・・・
お願い嘘だと言って
posted by nassu at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言

2005年02月21日

春が良い

2005/02/21 14:34:41

寒さが厳しい日々が続きます
街路樹も身につける物もなく震えているようです
暖かな木漏れ日の中私は軽い眠りについてます

もう 人生の半分を一緒に歩いたんだね
同じ道を歩いたわけではない
それぞれに それぞれの道を歩いてきたけれど
それでもお互いが一番近くにいるんだね

無理も出てくるんだよ 身体にも心にも・・
あまり無理をせずに生きていこうじゃないか
優しさとか労りよりも心のゆとりがあればいい
言葉に出しても形にはならないことは
お互いが分かっているから

年を重ねた私たちには
暖かい春が良い
すがすがしい秋が良い
君の暖かさが本当に良いんだよ
posted by nassu at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言